30分単位でご紹介!結婚式当日の定番スケジュール

結婚式当日の定番スケジュール1

結婚式準備に関する情報で意外と知られていないのが、結婚式当日の新郎新婦の動き。結婚式当日はどのようなスケジュールで進んでいくのでしょうか。
10年のウエディングプランナー経験を持つわたしが、今回は結婚式当日のスケジュールのモデルケースについてご紹介したいと思います。
30分刻みでよくある結婚式当日のスケジューリングをまとめてみました。「結婚式当日、何にどれだけ時間がかかるのかわからなくてちょっと心配…」という人はぜひ参考にしてください。

結婚式当日の動き方(挙式が11:30スタートの場合)


結婚式当日のスケジュールを、挙式スタートが11:30の場合を例に挙げてお伝えしていきます。
何時ごろに何をしているのか、これを見れば一目瞭然です!

8:30 結婚式場に来館

結婚式場へは挙式の 3時間前に到着するように行くのが一般的。11:30挙式開始なら、8:30ぐらいに式場入りします。結婚式の演出を凝っている、ヘアメイクを時間がかかるスタイルにする、衣装が特殊などの場合、もっと早い時間から結婚式場入りすることもあります。
挙式時間が朝一番(9時や10時ぐらい)の場合は朝7時頃に会場入りする必要があるため、早起きしないといけません。自宅から結婚式場まで遠い場合は式場近隣で前泊されるのが安心かもしれません。

到着後、新郎新婦カップルはすぐ控室に案内されてお支度スタートとなります。花嫁さんはすっぴんで来館して問題ありません。
男性の準備はそう長くかからないため、控室でスピーチの練習時間を十分にとれます。届いた電報を確認する作業は新郎さんの仕事になる場合が多く、「こんな電報が届いてるよ!」とメイク中の花嫁さんに届いた電報を読み上げている新郎さんの姿をよく見かけます。

10:00 写真撮影開始

支度が整ったら、まずはふたりの記念写真撮影です。式場内のスタジオや写真スポットで型物(かたもの)と言われる記念写真を撮影します。この写真は親族写真とともに台紙におさめられ、両家の記念品となることが多いです。バッチリ決めておきましょう!

10:30 親族紹介と親族集合写真

続いて親族紹介です。「親族紹介」という言葉にあまりなじみがない人も多いかもしれませんので、念のため説明させていただきます。
主に挙式前に両家の親族が対面し、一人ずつ自己紹介もしくは代表者による紹介をします。必ずしなければならないという決まりはありませんが親族紹介をする人の割合の方が多いので、選べる場合はしたほうがいいでしょう。
親族紹介が終わると、親族全員で集合写真を撮影します。写場と呼ばれるスポットライトや段差が備わった写真撮影のための場所です(常設の写場がない式場も多いです)。親族の人数が多い場合は何名かは壇上に登り高低差を付けて皆の顔がしっかり写るように撮影します。
写真撮影後はいよいよチャペルへと移動します。

11:00 挙式リハーサル

結婚式場によって、挙式リハーサルのタイミングが異なる場合や、リハーサル自体ないケースもあります。
挙式前にリハーサルがある場合は、実際のチャペルで歩き方の説明や挙式内容の確認をおこないます。花嫁と一緒に入場する花嫁の父も一緒にリハーサルに参加するのが一般的です。リハーサル自体は10分程度のものですが、本番で緊張して混乱してしまわないよう内容をしっかり頭にいれておきましょう。

11:30 挙式スタート

いよいよ緊張の瞬間!挙式がスタートします。キリスト教式・人前式・神前式、いずれの場合も挙式時間は20分ほどで、案外短いものです。
結婚式において一番緊張するのが挙式の入場シーンだと言われていますが、この緊張感もきっと生涯忘れられない思い出になるでしょう。

11:50 チャペルでの写真撮影

チャペルでの写真撮影は、挙式後にすぐ新郎新婦だけでおこなわれることが多いです。挙式後のチャペルにカメラマンと新郎新婦が残り、様々なポーズをとって写真を撮ることができます。場合によっては親御様も一緒に立ち会い、親御様のカメラでも写真撮影をしてもらえます。(プロカメラマンが撮影中は撮影を控えるのがマナーです)
撮影が終わり次第、チャペルから控室に戻ります。そこで披露宴前に簡単なヘアチェンジをおこなう花嫁さんも多いですよ。

12:30 披露宴スタート

お楽しみの披露宴の時間です。挙式が終わり緊張の山場を越えた新郎新婦は、晴れやかな表情で披露宴会場に入場します。
前半には、友人のスピーチやケーキカットなどの演出がおこなわれます。美味しいお食事と美味しいお酒で、ゲストと一緒に幸せな時間を楽しみましょう。多くのゲストが入れかわり立ちかわりお酒を注ぎに来てくれますが、くれぐれも飲み過ぎに注意です!ほとんどの場合、新郎新婦が座る高砂のテーブルの下に飲めないアルコールをこっそりと捨てるバケツが用意されています。ご安心ください。

13:15 お色直しの中座

衣装チェンジがある場合は、披露宴の中盤にお色直しの中座があります。1回の中座にかかる時間はおおよそ20分から25分ほど、それなりに長く感じる時間でしょう。何か一つ演出を入れて間を持たせる配慮があるといいかもしれません。
中座している間にゲストにプロフィールムービーを見てもらうのもおすすめ。衣装チェンジが整ったら、記念撮影をしてお色直し後の再入場に備えます。

13:40 再入場

再入場は音楽にもこだわりたいところ。お色直し後にどのようなドレスで現れるのか、ゲストもワクワクしながら待ってくれています。一気に注目を浴びる再入場の瞬間です!インパクトのあるBGMにしましょう。中にはウケ狙いで面白おかしい音楽を使うケースもあります。ふたりの好きなように再入場の演出を考えると会場も盛り上がります。

14:30 披露宴お開き&ゲストのお見送り

披露宴は通常2時間30分でおひらきします。新郎新婦は退場した後、会場の出口にてゲストをお見送りします。ふたりらしいこだわりのプチギフトを用意しましょう。小さなギフトをかごに入れ、一人一人に手渡ししながらお見送りするのが一般的です。
お見送りは両家の親御様も一緒に並ぶのが一般的ですが、新郎新婦のみでも構いません。好きなほうを選びましょう。

15:00 お着替え

ゲストのお見送りには思ったよりも長い時間がかかります。お着替えをしに控室に戻るのは、早くても披露宴お開きから30分後にはなるでしょう。場合によっては1時間ほどかかることもあります。
お見送りはゲストと直接会話を交わせる貴重な機会ですから、参列ゲストの人数が多い場合には特に時間も長くかかります。結婚式後の予定は時間に余裕をもって組むほうが無難でしょう。
結婚式の衣装から普段着へのお着替えはあっという間です。披露宴が終わって何とも言えない達成感を味わいながら、二次会に備えて気持ちを切り替えていくときです!

15:30 持ち帰り荷物の確認

結婚式場を去る前に、持ち帰る荷物の確認があります。届いた電報やお祝いのお花、その他ゲストからもらったギフト、そして結婚式で使用したウェルカムボードなどがあり、かなりの大荷物になることが予想されます。新郎新婦とプランナーで運び出すのが一般的です。最後の一仕事です。

16:00 結婚式場から二次会会場へ移動

披露宴が終わって式場を後にするまで、最短でも一時間半は見ておきましょう。荷物の整理などに時間がかかると、帰りがもっと遅くなってしまうことがあります。
二次会スタートの時間を決めるときには、ある程度余裕を持たせたいところ。しかしゲストを長く待たせるのも良くありません。上手く間を取って良い時間を設定したいものです。

16:30 二次会スタート

結婚式場を出てふたりが向かうのは、ゲストの待つ二次会会場です。二次会からはもっとリラックスした気持ちで、仲の良い友人たちとワイワイ楽しむことができるでしょう。
二次会は幹事が全て段取りを決めてくれていることが多いため、新郎新婦は「ただ楽しむだけ!」で問題ありません!思い切り楽しい時間を過ごしましょう。

18:30 二次会終了→三次会?

二次会が終わったら、多くの場合三次会に続くことが予想されます。お酒も進み、テンションも最高潮といったところでしょうか。くれぐれも飲み過ぎに注意しながら、楽しい夜を過ごしてください!


結婚式は一日がかり!翌日は予定を詰めすぎないようにしよう


結婚式当日のスケジュールを見て、お分かりいただけたかと思いますが、結婚式は丸一日動きっぱなしになるので、かなり体力を使います。緊張感のある挙式から、披露宴そして二次会三次会…。一生に一度の結婚式ですから、楽しんで過ごしていきたいものです。
翌日からハネムーンに出かけるというカップルも中にはいるようですが、旅行の準備は結婚式の前に完璧に済ませておきましょう。結婚式の当日はスケジュールがいっぱいで、帰ってからの荷造りなんて到底不可能です。帰ったら寝るだけ!そして翌日はすぐに出発できるように備えておきましょう!


まとめ


結婚式当日のイメージが湧いてきましたか?一日がかりの結婚式ですが、どの瞬間も素晴らしい思い出になるものです。一つ一つの行程を、かみしめながら進めていきましょう。
これまで準備してきたものが形になる一日です。ふたりの記憶に永遠に残り続ける、かけがえのない思い出を作っていきましょう。

(ライター: 元ウエディングプランナー 西野 )

Weddingnista
オンライン相談デスク

ふたりの希望を叶える相談から会場探しまで
ウエディングニスタのオペレーターがお受けしております

  • メールや電話などオンラインで解決
  • 忙しい方、今すぐ相談したい方
オンライン相談デスク
電話
0120-349-773
お問合せ
https://www.weddingnista.net/contact/
会場探し
https://www.weddingnista.net/search-request/

関連記事一覧

  1. return-wedding-party1

    海外挙式の帰国後パーティーはいつどこで?人気の演出は?リターンパーティーの準備方法

  1. engagement-ring1

    最高にロマンティックな婚約指輪の本来の意味と贈りかた

    2019.10.25

  2. japanese-style2-1

    仏前式ってなに?神前式と仏前式の違いとその魅力

    2019.10.18

  3. japanese-style-1

    日本の伝統的な神前式の魅力

    2019.10.17

  4. hawaii-wedding-honeymoon3

    結婚式なしならフォトウエディング!予算・準備・おすすめ撮影地

    2019.10.11

  5. maternity-wedding1

    これで安心!安心してマタニティウエディングを挙げるための5つのポ…

    2019.09.09