結婚式の見積もりはココをチェック!5つのポイントで費用の無駄を抑える方法

wedding-estimation-precautions1

結婚式場を決めるときには複数の式場を比較検討する方が多いでしょう。見積もりを見比べては「うーん、結局総額だけ見たらこちらが安いけれどこれで本当にいいのかしら」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。多くの人たちが結婚式の見積もりをよく理解できず、費用に対して不安な気持ちを抱いています。
じつは見積もりの見方にはちょっとしたコツがあり、特に注意してみるべきポイントさえ押さえてしまえばこれまでよりも断然わかりやすくなります。
結婚式費用の見積もりには、パッと見ただけでは気づきにくいたくさんの落とし穴があります。

今回は、元ウエディングプランナーが結婚式費用の初期見積もりの見方についてわかりやすくお話していきます。これを読めば、どこに注意して見積もりを見れば良いかがわかり、複数の結婚式場の比較もしやすくなりますよ。ぜひ参考にしてくださいね。


結婚式の見積もりで注意するべき5つのポイント


式場見学で見積もりをもらったら、皆さんはまず結婚式にかかる費用の総額に注目してしまうのではないでしょうか。そして「なるほど、ここの結婚式場は〇〇万円なのね。」と具体的な金額がわかった気持ちになって安心してしまいます。
ところが、結婚式の内容が何も決まっていない段階では結婚式の最終的な費用を正確に把握することが難しく、打ち合わせのたびに金額が上がることがほとんどです。初期見積もりと最終的な費用の差額平均は約100万円。自分たちの見積もりがどこまで上がるかを視野に入れて考える必要があります。
「結局いくらまで金額が上がるか最初からわからないものなの?」と思う人もいるかもしれません。最初から正確に予測するのは難しいですが、初めに提示される見積もりを「できるだけリアルな見積もりに近づける」ことは可能です。
リアルな見積もりを最初にもらっておくと、打ち合わせが進むたびに見積もり金額が上がって怖い思いをすることはありません。この先、気持ちに余裕をもって結婚式準備を進めるためにも、最初から見積もりに含まれる内容をしっかり理解しておくことがとっても大切です。
見積もりを見る際に特に気を付けるべき5つのポイントを紹介しておきましょう。

ポイント①衣装の数をチェック

最初に提示される見積もりには、ウエディングドレス1点とタキシード1点しか含まれていない場合があります。「せっかくだからウエディングドレスと別に着物が着たい」「お色直しでカラードレスも着てみたい」など、花嫁さんの多くは衣装にこだわりがあるのではないでしょうか。花嫁衣装が初めから2着含まれているのか、それとも1着しか含まれていないのかを必ず確認しておきましょう。
複数の式場の見積もりを比較する際にも、含まれているドレスの点数に注意してください。式場Aはドレス1点のみ、式場Bはドレス2点が含まれていると金額の比較がしにくくなります。お色直しをして2着目の衣装を着たい場合は、初めから2着分の金額を見積もりに入れてもらうよう頼んでおくことをおすすめします。

ポイント②アルバムのカット数や種類をチェック

式場側も費用総額を高く見せたくないため、最初に提示する見積もりは「最安値のアイテム金額」になっているケースが多いです。ここで忘れてはならないのが、アルバムについてチェックしておくこと。結婚式費用の中でも特に「打ち合わせで見積もり額が上がったアイテム」のひとつとして代表的なのがアルバムです。
アルバムはの種類は結婚式場によりますが10万円前後から40万円程度までさまざま。フォーマルな記念写真と、結婚式全体を撮影するスナップ写真のアルバムを勘違いしている人もなかにはいます。写真が含まれていると思い込んでいたら、見積もりに含まれているのは記念写真だけだったというケースもしばしば。多くのカップルが「初期見積もりに含まれるものからアップグレード」をしています。
見積もりに含まれるアルバムの種類を確認しておきましょう。その場で「プランに入っているアルバムを見せてもらえますか?」とサンプルを確認するのもおすすめです。含まれているカット数やアルバムのデザインを確認し、それよりも上のランクにしたいと思う場合は、最初から気に入ったアルバムの金額を入れてもらいましょう。
後でアルバムの種類を変更するのは簡単です。結婚式を申し込み前の段階ではすべての希望を含んだ内容で見積もりしてもらいましょう。

ポイント③お食事、飲み物のランクをチェック

結婚式でゲストの評判を大きく左右するポイントとなるのがお料理です。結婚式を挙げる新郎新婦にとっても、「せっかくなら美味しいお料理でゲストをもてなしたい」という気持ちは多かれ少なかれあるのではないでしょうか。事実わたしも何度もこれまでに「料理にとにかくこだわりたい」という声をたくさん耳にしました。
そんな大切なお料理ですが、最初の見積もりに含まれているフルコースの内容はおそらく一番価格の安いベーシックなコースでしょう。フルコースのランクは数種類あり、それぞれに数千円の金額差があります。お料理をワンランクアップグレードすると、金額差×人数となるため総額が一気に変動します。
お料理にこだわりたい場合は、「お料理のランクは真ん中あたりのコースを見積もりに入れておいてください」と伝えましょう。これで、あとからお料理のランクアップで大幅に総額があがることもありません。安心して打ち合わせをすすめられます。

ポイント④引出物の金額をチェック

結婚式で絶対に必要になるアイテムのひとつに「引出物」があります。引き出物も最初の見積もりに含まれていることがほとんどではありますが、どれだけ含まれているかに注目しましょう。
皆さんは引出物にいくらぐらいかかるか想像できますか?きっとほとんどの人が「いまいちピンとこないな」と思うのではないでしょうか。
引き出物は一般的に3,000円前後の品を選ぶことが多いですが、目上の人や親族には少しランクアップした引出物を選ぶこともあります。さらに、引出物と一緒に引菓子を一品つけるため、引出物の見積金額がひとり当たり3,000円だと予算を軽くオーバーしてしまうことは十分にあり得ます。
さらに、引出物の個数は参列予定ゲスト数よりも少なく設定されていることが多いです。例えば80名の結婚式なら60名分くらいになっているのではないでしょうか。これは引出物は子どものゲストには渡さないことや、夫婦で参列するゲストにはにひとつしか渡さないことが理由となっています。
見積もりを複数の式場毎に比較するときには、含まれている引出物の個数と金額も揃えておきましょう。

ポイント⑤ムービー撮影が含まれているかチェック

結婚式のムービー撮影をプロに依頼するかしないかは新郎新婦のふたりが決めることですが、希望する場合は初めから見積もりに入れてもらっておくほうが良いでしょう。
というのも、ムービー撮影は結婚式のオプションの中でも特に高額商品。あとから追加すると総額費用が跳ね上がってしまい依頼したくてもできなくなる可能性があるからです。
ムービー撮影の種類にもよりますが、お手頃なものでも10万円前後です。当日撮影したムービーをその場で編集して、結婚式のエンドロールとして上映するいわゆる「撮って出し」が人気ですが、費用は20万円以上になることもあります。
高額なオプションですが、ゲストの反響がとても大きく人気のムービー撮影商品です。希望される場合は先に見積もりに入れてもらっておくと安心です。


複数の結婚式場の見積もり比較のコツ


結婚式場を検討するときは、いくつかの候補を見学して見積もりをじっくり比較したいと考える人がとても多いです。結婚式を挙げるにあたってかかる費用は重要な検討材料のひとつですよね。なるべくなら一番気に入った式場で「お得に」結婚式を挙げたいと思うのはきっと皆同じです。
ここで、複数の見積もりを比較する際のちょっとしたコツを最後に2つ紹介しておきたいと思います。

コツ①第一希望の式場は最後に見学に行く

例えば候補の結婚式場が2カ所あるとします。第1候補としている結婚式場の見学スケジュールを後にして、まずは第2希望の結婚式場の見学を先に済ませましょう。そして、「その日にもらえる一番お得な見積もり」をもらいましょう。
次に、その見積もりを持って第一候補の結婚式場に見学に行きましょう。第1候補の式場を見学の最後に回す理由は、結婚式場のほとんどが「当日成約特典」を用意しているから。場合によっては10万円の大きな値引きもあります。とてもお得ですよね!この当日成約特典は、見学に行ったその日に成約しなければもらえません。このことを考えると第1候補の式場の見学は後に回すのが最善です。

コツ②他の式場でもらった見積もりを提示する

わりと皆さんためらってしまうのですが、式場見学に行った際は遠慮なく他会場の見積もりを見せてください。なぜかというと、提示することによって式場側は他の結婚式場でどのような条件を提示しているかはっきりわかるため、希望に沿った内容で最大限にお安い見積もりを作りやすくなります。
ライバル式場の見積もりは割引や特典などをなるべく多く付けてもらい、最大限お得なものにしておくとさらに良いです。見積もりを見た他の結婚式場は、なるべくそれに近づけるべく、同じようにお得な条件を盛り込んだ見積もりを出してくれるでしょう。


まとめ


いかがでしたでしょうか。結婚式の見積もりは、総額だけを見るのではなくどのアイテムの、どのランクが含まれているか注目するのが大切です。ここでお話ししたポイントをしっかり押さえて見積もりを確認するようにしてください。
申し込み時の見積金額が安いのに越したことはありませんが、あとで金額がどんどん上がっていくようでは気が気じゃありませんよね。必要なものをしっかり盛り込んだ見積もりにしたうえで、比較検討していきましょう。
そのためにはまずどんな見積もりを希望しているか、ご自身から結婚式場の人に伝えるところから始まります。

(ライター: 元ウエディングプランナー 西野 )

Weddingnista
オンライン相談デスク

ふたりの希望を叶える相談から会場探しまで
ウエディングニスタのオペレーターがお受けしております

  • メールや電話などオンラインで解決
  • 忙しい方、今すぐ相談したい方
オンライン相談デスク
電話
0120-349-773
お問合せ
https://www.weddingnista.net/contact/
会場探し
https://www.weddingnista.net/search-request/

関連記事一覧

  1. last-call1

    結婚式の最安値をねらうなら!直前予約で直前割メリット・デメリット

  2. 結婚式費用をおさえたいカップル必見1

    結婚式費用を抑えたいカップル必見!安いプランの落とし穴と見極め方

  3. how-much-wedding-party1

    結婚式の貯金はいくら必要?みんなのやりくり術を元ウエディングプランナーが徹底解説!

  1. engagement-ring1

    最高にロマンティックな婚約指輪の本来の意味と贈りかた

    2019.10.25

  2. japanese-style2-1

    仏前式ってなに?神前式と仏前式の違いとその魅力

    2019.10.18

  3. japanese-style-1

    日本の伝統的な神前式の魅力

    2019.10.17

  4. hawaii-wedding-honeymoon3

    結婚式なしならフォトウエディング!予算・準備・おすすめ撮影地

    2019.10.11

  5. maternity-wedding1

    これで安心!安心してマタニティウエディングを挙げるための5つのポ…

    2019.09.09