結婚準備でありがちな3つの失敗と、失敗しないための8つのステップ

preparation1

結婚が決まっても、まずは何から準備して良いものかあたふたしてしまいます。
一生に一度の結婚式、準備は万全にしておきたいもの。結婚が決まってから、どのようなスケジュールで結婚式場を決め、その他の結婚準備を進めればスムーズなのかがわかれば、結婚式当日まで心穏やかに準備ができます。
大事な結婚式の準備だからこそ、ふたりでいっしょにコツコツ組み上げていきたいですよね。
というわけで今回は、ウエディングプランナー歴10年のわたしがおすすめする結婚準備の進め方についてお話していきたいと思います。

結婚準備のよくある3つの失敗とは


結婚準備を進める中で、「これもっと早くやっておくべきだった!」「うわ、当日までに間に合わないかも!」なんていう声をたくさん聞いてきました。まずは、どんな失敗がありがちなのか、その代表例を3つ見ていきましょう。

失敗① 希望の結婚式場が完売していた

結婚式場を決めるタイミングは早くて1年前からですが、申込みが遅くなると第1希望の式場が完売していることがあります。
結婚式場の予約は早いもの勝ち。申込みが遅くなればそれだけ結婚式の空き状況も厳しいものになっていきます。結婚式の予約は早めに限ります。人気の結婚式場ともなると1年半前から予約でいっぱいなんてところも…。

失敗② 結婚指輪の納期がギリギリだった

結婚式の準備を進めながら、結婚指輪の購入も同時に進めていく必要があります。結婚式の準備が忙しくなると、どうしても指輪に気が回らず後回しになってしまいがちです。
結婚指輪は作成に時間がかかるもの。デザインによっては1カ月や2カ月もの制作期間を要する場合もありますから、早めに選んでおくようにしましょう。
「希望したデザインの指輪はいまから制作したら結婚式の日までに間に合わない」と、第1希望の結婚指輪を諦めざるを得ないケースもあります。十分に注意しましょう。

失敗③ 仕事の繁忙期と結婚準備が重なった

仕事が忙しくなる時期というのはある程度予測がつく方が多いのではないでしょうか。
結婚式準備が忙しくなるのは結婚式の約3カ月前からだと思っておきましょう。結婚式の準備が忙しいタイミングで仕事の忙しさがピークに達すると心労も倍以上に感じられて大変です。あらかじめ、仕事が忙しい時期と結婚式の準備が忙しくなる時期が重ならないように配慮したいものです。


これでバッチリ!結婚準備の8ステップ


結婚準備を上手く進めていくためには、逆算して計画を立てておくことが重要です。そうすれば、後になって慌てることはありません。ここで、ウエディングプランナー歴10年の経験から「失敗しない結婚準備の進め方」をスケジュールに沿ってお話していきたいと思います。

1.まず、いつ挙げるか決める

結婚が決まったらまず初めに結婚式の時期を決めましょう。結婚式の時期が決まらなければ結婚式に関することは何ひとつ決められません。
結婚が決まったら約1年以内に結婚式を挙げるのが一般的ですが、このとき可能であればさらに半年先以降の時期を選ぶことをおすすめします。「1年半以上先の日程で結婚式の時期を決める」ことで結婚準備はずいぶん余裕が生まれます。

2.結婚式場をリサーチ(結婚式の6カ月以上前)

結婚式をいつ頃挙げるかを決めたら、結婚式場のリサーチを開始します。雑誌やインターネットを活用して、候補の結婚式場を絞り込みましょう。
結婚が決まって幸福感もテンションも上がりに上がっているこの時期、たくさんの結婚式場が魅力的に見えるはずです。まずは候補の結婚式場を3つ以内に絞り込むことをおすすめします。実際に見に行くとなると見学には時間もかかります。4会場も見て回るとかなりの気力と体力、そして時間を使います。
リサーチの段階でなるべく絞り込んでおくのがコツです。

3.結婚式場の見学スタート(約1カ月間)

結婚式場の見学は1カ月間ほどの期間を決めて一気に見学するのがおすすめ。あまり長い時間をかけても、初めのほうに見学した結婚式場が思い出せなくなるものです。
は短い期間に一気に行い、早めに決めてしまいましょう。結婚式場見学に何カ月も費やしていると、頭が混乱して決められなくなってしまいます。

4.結婚式場決定(結婚式の5カ月以上前)

運命の結婚式場と出会えたら、ようやく結婚式の準備がスタートします。タイミングとしてはこの時点で残り4カ月から半年ほどの期間が残されていると良いでしょう。理想を言えば5カ月以上。
結婚式場と日取りが決まれば、招待状を送る前にゲストに連絡をしてスケジュールをおさえてもらいましょう。式場との細かな打ち合わせが始まるまでに、できることから準備をはじめましょう。

5.衣装選びと参列者リストアップ(結婚式の3カ月前まで)

結婚式場のウエディングプランナーとの打ち合わせは、通常結婚式の3カ月ほど前から本格化します。結婚式場が決定してから打ち合わせが始まるまでに数カ月の期間がありますが、この間にしておくべきことは2つあります。

1つ目は、衣装選びです。ウエディングドレスや花嫁衣装の試着は早めにスタートするに越したことはありません。ウエディングプランナーとの打ち合わせが始まる前に衣装が決定していると、他のウエディングアイテムが決定しやすくなります。ウエディングドレスは特に重要で、ウエディングブーケも会場を彩る装飾も決められません。

2つ目は、参加者のリストアップ。必ず済ませておきましょう。具体的な人数がわかっていれば、すぐに招待状の印刷準備に取り掛かれます。受付やスピーチをお願いしたい人も具体的になりますので招待状を発送する際にお知らせの付箋を入れられます。招待人数はこの他にもお食事の数や引出物などたくさんのアイテムに関わっています。あらかじめリストアップをしておくことがとても大切です。

6.プランナー打合せ開始(結婚式3カ月前)

いよいよ結婚式場のウエディングプランナーと打合せが始まります。式場によって異なりますが、だいたい月に1回くらいのペースで打ち合わせがありますので、3回前後の打ち合わせで結婚式の本番を迎えるという計算になります。
打合せでは、結婚式の内容を相談しながら、プランナーが本番までのスケジュールを逆算して指示を出してくれますので、それに従って順序通りアイテムを決定していきましょう。

7.結婚指輪購入(結婚式2カ月前まで)

結婚式の準備が大詰めに入る頃に忘れてはならないのが結婚指輪の準備です。およそ2カ月前から3カ月前の段階から探しはじめるのが良いでしょう。
結婚指輪は、刻印の内容や選ぶデザインによって納期が1カ月から2カ月程度かかります。ブランドによってはそれ以上の日数がかかることもあるので早め早めに行動しましょう。

8.結婚式当日

いよいよ結婚式当日です。これまでの準備が形になる記念すべき当日ですね。思い切り幸せをかみしめて、一生の思い出になる結婚式にしましょう。


結婚準備について3つのよくある質問


最後に、新郎新婦からよく聞かれる3つの質問についてお話しておきましょう。結婚準備を進めていく中で、多くのカップルが疑問に思うことですので、ぜひ参考にしてください。

質問① 入籍の一般的なタイミングはいつ?


一番多い質問がこちら。入籍のタイミングは結婚式よりもかなり前の方もいれば、結婚式直前の方もいます。一般的なのは結婚式直前に入籍をするパターンです。結婚式当日の朝に役所に婚姻届を提出し、式場入りするカップルもいます。
入籍時期のルールはありませんが、結婚式直後にハネムーンで海外に出国する場合は注意が必要です。新姓でパスポートを取得したい人は、パスポート申請前までに入籍をしておく必要があります。パスポートは申請から受け取りまで約2週間かかります。おふたりにとってベストなタイミングで入籍しましょう。

質問② 費用を貯めてから結婚式は申し込むべき?


「結婚式の費用全額を貯めてから結婚式はするべきなのか」という質問も多く聞きます。
結婚式にはまとまった金額の費用がかかります。若いふたりなら見たこともないような金額の場合もあるでしょう。しかもお支払いは結婚式の前までの結婚式場がほとんどです。心配になって質問されるカップルは多いですが、実際のところ、充分な結婚資金を用意してから結婚式を挙げるカップルは少ないです。
結婚式場には様々なお支払い方法が用意されています(会場によって異なります)。費用の一部をご祝儀による後払いができるケースもありますし、ほとんどの結婚式場でブライダルローンの用意があります。おふたりの希望に合った支払い方法が見つかればすぐにでも結婚式は挙げられます。

質問③ 両家の顔合わせの一般的なタイミングは?


両家の顔合わせは、お互いの実家を訪問してそれぞれ結婚の承諾を得た後に、両家のスケジュールを調整して行います。食事会を兼ねて行われるのが一般的ですが、いつのタイミングがベストなのでしょうか。
両家の顔合わせ時期にルールはありませんが、結婚式の打ち合わせが始まる前までに行われるのが一般的です。
結婚式場でウエディングプランナーと打ち合わせが始まる前に、結婚に関する両家の意向を把握しておくことが大切です。可能であれば、顔合わせは結婚式の3カ月前よりさらに前に済ませておくことをおすすめします。


まとめ


結婚準備は初めての経験の連続ですから、わからないことがたくさんあって当たり前です。これから始まるおふたりの人生、そのスタートとなる大イベントが結婚式です。結婚式の準備は余裕をもって段取りよく進めてましょう。
決めることはたくさんありますが、スケジュール通りに進めていけば問題ありません。あせらずにひとつずつ進めていきましょう。

(ライター: 元ウエディングプランナー 西野 )

Weddingnista
オンライン相談デスク

ふたりの希望を叶える相談から会場探しまで
ウエディングニスタのオペレーターがお受けしております

  • メールや電話などオンラインで解決
  • 忙しい方、今すぐ相談したい方
オンライン相談デスク
電話
0120-349-773
お問合せ
https://www.weddingnista.net/contact/
会場探し
https://www.weddingnista.net/search-request/

関連記事一覧

  1. これだけ押さえておけばOK!婚約から結婚式当日までの11ステップ

    これだけ押さえておけばOK!婚約から結婚式当日までの11ステップ

  2. wedding- ceremony-time1

    結婚式の開始時間はいつがベスト?時間帯ごとのメリット・デメリットまとめ

  1. engagement-ring1

    最高にロマンティックな婚約指輪の本来の意味と贈りかた

    2019.10.25

  2. japanese-style2-1

    仏前式ってなに?神前式と仏前式の違いとその魅力

    2019.10.18

  3. japanese-style-1

    日本の伝統的な神前式の魅力

    2019.10.17

  4. hawaii-wedding-honeymoon3

    結婚式なしならフォトウエディング!予算・準備・おすすめ撮影地

    2019.10.11

  5. maternity-wedding1

    これで安心!安心してマタニティウエディングを挙げるための5つのポ…

    2019.09.09