結婚式の貯金はいくら必要?みんなのやりくり術を元ウエディングプランナーが徹底解説!

how-much-wedding-party1

結婚式を挙げるには大きな費用がかかります。それも数百万円という大きな額となるため、結婚式に向けて貯金に励むカップルがほとんどです。でも、具体的にいくら貯金すればいいのでしょうか?なかなかイメージしにくいですよね。

というわけで今回は結婚資金について解説します。貯金がいくら必要なのか、他のカップルはどのようにやりくりしているのか、気になるお金の話を元ウエディングプランナーの私からお話させていただきます。ぜひ参考にしてください。

結婚式の相場は300万円から500万円


規模にもよりますが、結婚式には平均300万円から500万円のまとまった額のお金が必要になります。結婚式に招待するゲストの人数や、選ぶ結婚式場によって予算は大きく変わります。具体的な金額を目にして、「え!そんな大金とてもじゃないけど無理!」と思った人も多いのではないでしょうか。
でも大丈夫です。じゅうぶん貯金をした上で結婚式を挙げるカップルは、実はごく少数。
では先輩カップルはどのようにこの金額を捻出してきたのでしょうか?なん百組という結婚前カップルを見てきたわたしの経験則で、カップルの平均的な貯金額をご紹介したいと思います。


結婚式前カップルの平均貯金額は?


若いうちからせっせと貯金している人もいれば、30代を過ぎても貯金ゼロという人もいるでしょう。きっと皆さんが気になるのは、「みんなどれくらい貯金してから結婚式を挙げているの?」という点ではないでしょうか。

カップルに話を聞いていて思うのは、「貯金のない状態で結婚式を挙げようとしている人がかなり多い」ということです。結婚式でゲストからいただくご祝儀に頼っているカップルがいるのもわからなくはありません。
結婚式を挙げるカップルの貯金額は、新郎新婦ふたりの合計で平均200万円あるかないかといったところでしょうか。中には数十万円の貯金しかない状況で結婚式場を予約するカップルもたくさんいます。結婚式に300万円以上かかるといっても、このように見合うお金を蓄えているカップルはかなり少ないのが現状です。
どうでしょう、少しはご安心いただけたのではないでしょうか?貯金がなくても結婚式はじゅうぶん実現できるのです。


貯金が少なくても結婚式する方法とは?


じゅうぶんな貯金がないまま結婚式を申込むカップルが多いといいましたが、それでもお金は必要です。ここで、「貯金が少ないカップルがどうやって結婚式を挙げているのか」についてお話したいと思います。お金がなければ結婚式は挙げられません。ですが、貯金がわずかでも結婚式を挙げているカップルはたくさんいます。つまり、なにかしらの方法で支払いを工面して、その場を切り抜けているのです。
ここでは、先輩カップルが工面しているポピュラーな方法を5つの方法を紹介します。

方法①クレジットカードを利用する

クレジットカード払いが利用できる結婚式場なら、クレジットカードで結婚式費用を工面できます(※1)。最近はほとんどの方がクレジットカードを持っていますので、この方法がいちばん一般的で現実的でしょう。クレジットカードの支払いは翌月以降ですから、ご祝儀で一括払いができるケースも多く(※2)、自分たちで返済する額は少なくて済むケースもあるでしょう。
クレジットカード払いでに気を付けなければならないのが限度額。もともとクレジットカードの限度額は30万円から50万円位で設定されていることが多いため、限度額の増額申請をする必要があります。結婚式費用のための増額申請であれば、審査は通りやすく簡単に限度額を増額できるケースが多いです。

※1 クレジットカード払いができない結婚式場もあります
※2 クレジットカード会社によっては一括払いができないこともあります

方法②ブライダルローンを利用する

ブライダルローンは、結婚式に特化したローンのことです。他の一般的なローンと同じように、月々いくらずつ返すか新郎新婦ふたりの収入に合わせて決められます。ブライダルローンの利用率はそれほど高くはないものの、選択肢として覚えておくと安心できるのではないでしょうか。
ブライダルローンは、支払い方法によってまったく金利がかからない条件で利用できる場合もあります。通常は、支払い期間が長くなればなるほど金利手数料として支払う「プラスアルファの支出」が増えてしまうため、利用する際は慎重に考えましょう。毎月の支払いを無理のない金額にするのも大切ですが、ある程度早めに支払い終えるよう計画し、金利手数料を抑えることも大事です。
結婚式場のほとんどがブライダルローンを用意しています。担当のプランナーさんに早めに確認しましょう。手続きや審査に時間がかかるので、相談の時期は早ければ早いほどいいです。

方法③格安結婚式を利用して費用をおさえる

格安で結婚式が挙げられる結婚式場や、直前割などの条件付きの契約によって結婚式自体の費用を大幅に削減するのもひとつの方法です。貯金額に見合った結婚式のカタチを考えることで、無理のない予算内の結婚式を実現することが可能です。
必要なのは、とにかくリサーチです。調べることで、結婚式を安く挙げる方法はいくつも見つかるでしょう。もちろん予算を下げることで、あきらめなければならないことや妥協すべきことも出てきます。ただ、無理をして身の丈に合わない結婚式を挙げることで、その後の生活を圧迫しては元も子もありません。
例えば直前割といって100万円以上もお得に結婚式が挙げられる魅力的な割引がありますが、これにはいくつかの条件があります。

  • 結婚準備期間が半年未満になってからしか予約できない
  • 選べる結婚式場が限られている
  • 選べる日程や時間帯が限られている

このような条件と引き換えに、通常料金よりも安く結婚式が挙げられます。ここでは細かい説明は割愛しますが、条件をクリアすることでそれだけお得に結婚式が挙げられるなら検討の価値はありますよね。

方法④両家の親が費用負担する

結婚式を挙げる新郎新婦と話していて、予想以上に多いのがこのケースです。「結婚式の費用は両家の親が払う」という話は珍しいことではありません。新郎家と新婦家で折半して親がすべて費用を支払うのであれば、新郎新婦カップルの貯金は関係ありません。
この場合に多いのが「親が費用を支払う代わりに、親の希望する内容で結婚式を挙げなければならない」というお悩み。例えば、本当はウエディングドレス姿を見てもらいたかったしチャペルで結婚式を挙げたかったのに、親の意向で白無垢を着て神社で結婚式を挙げることになった、などの話を多く耳にしました。
費用を親が支払ってくれるのは大変ありがたいことです。ですが、二人らしい結婚式ができるかどうかは、親の結婚式に対する考え方によるところが大きいため注意も必要です。
私がこれまでかかわったカップルの中には、「親が支払うといってたんですけど、結婚式の内容にいろいろな条件を付けられたので、結局自分たちのお金で結婚式をすることに決めたんです」というケースもありました。

方法⑤親に一時的に支払いの肩代わりしてもらう

「ブライダルローンは金利がかかるし、クレジットカードも一度に全額支払うのは無理だし…」となった場合に、「親に一旦借りて分割で返済する」方法を選択するカップルもいます。ローンを組むよりも気持ちの負担が少なくて済みますし、金利手数料もかかりません。
新郎新婦のふたりが結婚式費用を工面するためにローンを組もうとしていることを親が知れば「それだったら私たちが建て替えておこうか」と申し出てくれるケースが多いものです。
お金を借りるという点においては、ローンも親ローンも変わりありませんが、無理なく返済していける点と、融通が利く点においては親ローンのほうが圧倒的にメリットが多いです。


貯金がなくても結婚式をおすすめする理由


「私たち貯金がまだ少ないので、とりあえず貯金してから結婚式は本格的に考えたいんです」 結婚式場の下見に来るカップルと話していると、時々耳にするお声です。
お気持ちは確かに理解できます。無理して結婚式を挙げて、新婚生活が苦しくなるのは良くありません。
ですが結婚式を「費用を理由に先延ばし」にすると、多くのカップルが「結局、結婚式は挙げないまま」となってしまうのも本当です。
結婚式を挙げたいと思うときこそが、結婚式を挙げるべきタイミングです。1年先の結婚式の予約をしたら、1年かけて貯金はできます。ゴールを明確にしたほうが目標は達成しやすいです。1年で貯金できる見込み額が少ない人にも結婚式を挙げられる方法は必ずあります。

一生に一度の結婚という一大イベントを、簡単にあきらめるのはあまりにもったいないです。結婚式を挙げなければ良かったと後悔する人はまずいません。
いま貯金が心もとないのであれば、いまの時点から結婚式当日までの貯金計画を立てましょう。まずは結婚式場の予約をして、目標にむけて貯金をしながら生活しましょう。現に、多くのカップルがそうして結婚式を実現させています。


まとめ


いかがでしたでしょうか。結婚式のお金に関するお話をさせていただきました。世の中のカップルが、貯金がじゅうぶんにないまま結婚式を実現していることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
お金はたくさんあるに越したことはありません。ですが、貯金がなくても方法はいくらでもあります。おふたりが夢に見た結婚式をぜひ形にしましょう!

(ライター:元ウエディングプランナー 西野)

Weddingnista
オンライン相談デスク

ふたりの希望を叶える相談から会場探しまで
ウエディングニスタのオペレーターがお受けしております

  • メールや電話などオンラインで解決
  • 忙しい方、今すぐ相談したい方
オンライン相談デスク
電話
0120-349-773
お問合せ
https://www.weddingnista.net/contact/
会場探し
https://www.weddingnista.net/search-request/

関連記事一覧

  1. last-call1

    結婚式の最安値をねらうなら!直前予約で直前割メリット・デメリット

  2. wedding-estimation-precautions1

    結婚式の見積もりはココをチェック!5つのポイントで費用の無駄を抑える方法

  3. 結婚式費用をおさえたいカップル必見1

    結婚式費用を抑えたいカップル必見!安いプランの落とし穴と見極め方

  1. engagement-ring1

    最高にロマンティックな婚約指輪の本来の意味と贈りかた

    2019.10.25

  2. japanese-style2-1

    仏前式ってなに?神前式と仏前式の違いとその魅力

    2019.10.18

  3. japanese-style-1

    日本の伝統的な神前式の魅力

    2019.10.17

  4. hawaii-wedding-honeymoon3

    結婚式なしならフォトウエディング!予算・準備・おすすめ撮影地

    2019.10.11

  5. maternity-wedding1

    これで安心!安心してマタニティウエディングを挙げるための5つのポ…

    2019.09.09