少人数結婚式の魅力とは?特長・メリットを元ウエディングプランナーが解説

family-marriage1

結婚式といえば大勢のゲストに囲まれて、盛大に挙げるイメージが一般的です。でも最近、参列者が10名から30名程度の、中にはもっと小さな規模で挙げる「少人数結婚式」が人気です。
少人数の結婚式は、身内だけで行うことが多く、参列した経験がないという人もいらっしゃるはずです。参加したことがない結婚式のスタイルは、想像もつきにくいもの。「少人数だと盛り上がりに欠けるのでは?」と思われがちな少人数の結婚式ですが、そんなことはありません。
今回は、元ウエディングプランナーの私が少人数の結婚式の魅力についてお話しします。

少人数結婚式の人数とは?


少人数結婚式と聞いて、皆さんは何名ぐらいの結婚式を思い浮かべますか?
少人数の結婚式は10名~30名くらいの人数になることが多いです。明確なルールはありませんが、この規模で結婚式を挙げる場合に招待するゲストは親族のみであることがほとんどです。
両親と兄弟姉妹、そして甥っ子姪っ子がいる場合はぜひお子さま連れで参加してもらいましょう。祖父母や従弟まで招待することも多いですが、親戚が多い場合は家族までにとどめることもあります。人数のバランスや、関係性の濃さを基準に決めていきましょう。
少なすぎると何となく不自然に感じて不安に思う人も多いですが、10名以下の結婚式でも問題ありません。


少人数向けの結婚式場なんてあるの?


結婚式場のことを調べていると、目にするのは大きな披露宴会場ばかり。少人数の結婚式で使う会場なんて結婚式場にそもそもあるのだろうか…と不安になる人も多いのではないでしょうか。心配ありません。ほとんどの結婚式場に、少人数の結婚式にピッタリの小さめの個室会場があります。
ここで注意すべきことがあります。それは、少人数の個室会場の場合、同じ施設の披露宴会場と比較して、景観があまりよくなかったり、内装が豪華でない場合が多いということ。一般的な披露宴会場のイメージとはずいぶんかけ離れたシンプルな会場も多いです。
せっかく家族や親族に集まってもらう結婚式。小さくとも雰囲気の良い場所でお食事を楽しんでもらいたいですよね。気になる会場が見つかれば結婚式場に問い合わせ、少人数向けの会場の見学に出向きましょう。実際に目で見て確認しなければ雰囲気はわからないものです。


少人数結婚式ならではの3つのメリット


ウエディングケーキにケーキ入刀する新郎新婦。少人数結婚式。ガーデンウエディング。

これまで私が立ち会った結婚式を通して感じた少人数結婚式ならではの良さを3つにまとめました。
大人数で盛大に挙げる結婚式と、親族中心だけの結婚式、どちらにも良いところがあります。少人数結婚式を検討するのであれば、少人数だからこそ叶えられることに注目し、おふたりの思い描く理想の結婚式が少人数の結婚式に向いているかどうかを判断してみると良いでしょう。

メリット①親孝行をしやすい

結婚式はひとつの親孝行です。両親にとっても自分の子どもの結婚というのは大きな節目であり、初めて「わが子が完全に手を離れた」という実感があります。これまで育ててくれた両親に、感謝の気持ちを伝えることができるのも結婚式の良いところです。
ただ、100名を越えるような大規模な結婚式だと、新郎新婦のご両親は主賓や友人ゲストのテーブルを回り、お酌をしたり挨拶をしたりで気を使うことが多くなります。特にお母さまはゆっくり食事をとれないケースもあります。
子どもたちが日頃お世話になっているかたにできるだけたくさん挨拶をしておきたいと考えている親御様がほとんどですが、新郎新婦からしてみれば「お父さんお母さんにももっと楽しんで欲しいな」という気持ちが湧いてくるかもしれません。
少人数の結婚式であれば、新郎新婦の両親もひとりのゲストとしてゆっくりと特別な1日を楽しめます。挨拶まわりやその他もろもろのお手伝いに奔走する必要はありません。わが子の門出を穏やかな気持ちで祝福できます。これもひとつの親孝行につながるかもしれませんね。

メリット②両家の親睦が深まる

少人数で結婚式を挙げた両家の結びつきは、大人数での結婚式とは比べ物にならないほど強くなります。
一般的に大人数の結婚式の場合、新郎家と新婦家のテーブルは端と端にレイアウトされるため、会話をする機会がほとんどありません。少人数の結婚式の場合、必ず相手側の親族と会話の機会がうまれます。意気投合して仲良くなる絶好のチャンス。
両家の親睦が深まるのは、少人数結婚式のメリットの中でも特に大きいです。

メリット③準備がラク

結婚式では、余興や受付を友人に頼んだり、テーブルごとに盛り上がるように会話しやすい人同士の席を近くしたりなど、とにかく決めることが山のようにあります。人数が多ければ招待状や席次表などのペーパーアイテムの準備だけでもかなりの時間がかかります。
少人数結婚式の場合、通常の結婚式に比べて頭を悩ますことが減るため、準備が楽です。結婚式前に準備に追われて寝不足になってしまうような心配はほとんどありません。家族と親族に楽しんでもらえるよう、美味しいお食事でもてなすことに集中しやすくなります。
準備が楽になる点も、少人数の結婚式ならではのメリットです。


少人数結婚式で誤解されやすい3つのポイント


少人数の結婚式は、参列した経験がない人が多く、誤った認識をされていることが多くあります。「きっとこうだろう」と頭の中で思い描く少人数結婚式は、必ずしも正しくはありません。
ここで、少人数結婚式でよく誤解されることについて3つ挙げておきましょう。

誤解①少人数なら安くて経済的?

参列ゲストが少ないと、お料理の提供も少ないため全体的な費用が安くなるという認識を持っている人は少なくありません。確かに、総額だけで見るとリーズナブルに見えるでしょう。
ですが、結婚式の費用を考えるときに忘れてはならないことがあります。それは、総額でなく実際に負担する金額です。
ご祝儀が入ることを計算した上で自己負担額を推測しなければなりません。大規模な結婚式の費用は確かに高額。その反面、ゲストが多いため結婚式で得られるご祝儀の金額も高額になります。
結婚式にかかる費用の総額からご祝儀の総額をマイナスした金額がふたりの負担額です。この金額にこそ注目しなければなりません。
少人数の結婚式の場合、ご祝儀の額が少なくなるため、最終的な自己負担額はそれほど安くならないと思っておいたほうが良いでしょう。結婚式の規模に関わらず会場費や挙式料は一定額かかりますから、むしろ大人数の結婚式のほうが自己負担を安く押さえられることさえあります。

誤解②少人数だから挙式か食事は省略OK?

家族や親族だけで結婚式を挙げるのに大掛かりにする必要はあるのだろうかと疑問に思う人もいらっしゃいます。挙式だけ、もしくは大げさにならないように挙式はせずに親族への報告とお食事会だけでも良いのではないか。なかにはウエディングドレスさえ着なくていいのではないかとお考えの方もいます。
ウエディングドレス(や和装など)花嫁姿を披露することは人生最大の親孝行で、育ててくれた方にとっても一つの心の節目となる儀式です。子育てを終えて、パートナーにバトンタッチする。ウエディングドレスで写真を撮ってきたことを報告されても、どこか腑に落ちない気持ちが残るものです。
結婚式は新郎新婦の新たな出発であり、育ての親にとっての子育て卒業式です。しっかり感謝の気持ちを伝えましょう。
挙式だけで良いという方もおられますが、わざわざ駆けつけてくださったゲストにお食事もふるまわないのは失礼にあたります。
また、両家が顔を揃えて全員を紹介できるのもなかなかない機会です。少人数の結婚式だからこそ、お互いの人となりがわかるような時間をゆったりと設けましょう。
それから、会食だけでよいという方もおられますが、会食ではお食事を楽しむことはできても、結婚式の感動を味わうことはできません。これまで「挙式を挙げるべきか」でさんざん悩みに悩んで、結婚式を挙げたカップルをたくさん見てきましたが、皆口を揃えてこういいます。
「こんなに感動するなんて思ってなかった!本当に結婚式を挙げてよかったです」

誤解③食事だけではしらけるかも?

少人数の結婚式は、演出をしない予定の人が多いのですが「間が持たないのではないか」と心配する人も多くいらっしゃいます。両家の親族が近くに座り、楽しそうに会話ができるかな、場が盛り上がるかな、と不安に感じる人もいることでしょう。

そのような心配はしなくて大丈夫です。これまでたくさんの少人数結婚式を見てきましたが、しーんと静まり返った気まずい雰囲気は一度もありませんでした。むしろ少人数だからこそ両家の距離が近く、和やかでアットホームな雰囲気の結婚式がほとんど。安心してください、きっと素敵な結婚式になるはずです。
結婚式はまず挙式で夫婦になることを誓い、無事に夫婦となったお祝いにゲストをお食事でもてなすという順番が一般的です。結婚式の始まりに挙式の時間を共にすることで、両家の親族は「家族と家族がひとつになる」実感ができた状態でお食事会を始められます。
両家の両親がとても仲良くなったり、兄弟姉妹同士でまるで友達のように絆を深めたりすることが本当に多いです。少人数でも笑顔のたえないアットホームで温かい食事会になることは間違いありません。


まとめ


少人数の結婚式は、家族同士の結びつきが強くなる素晴らしいきっかけとなります。多くの人に祝ってもらう結婚式も素敵ですが、少人数の結婚式には少人数の結婚式ならではのメリットもあります。
結婚式に何を求めるかを考えてみてください。大切な家族と親族だけを招いた少人数の結婚式はふたりの家族にとって、きっと忘れられない特別な思い出となるでしょう。

(ライター: 元ウエディングプランナー 西野 )

Weddingnista
オンライン相談デスク

ふたりの希望を叶える相談から会場探しまで
ウエディングニスタのオペレーターがお受けしております

  • メールや電話などオンラインで解決
  • 忙しい方、今すぐ相談したい方
オンライン相談デスク
電話
0120-349-773
お問合せ
https://www.weddingnista.net/contact/
会場探し
https://www.weddingnista.net/search-request/
  1. engagement-ring1

    最高にロマンティックな婚約指輪の本来の意味と贈りかた

    2019.10.25

  2. japanese-style2-1

    仏前式ってなに?神前式と仏前式の違いとその魅力

    2019.10.18

  3. japanese-style-1

    日本の伝統的な神前式の魅力

    2019.10.17

  4. hawaii-wedding-honeymoon3

    結婚式なしならフォトウエディング!予算・準備・おすすめ撮影地

    2019.10.11

  5. maternity-wedding1

    これで安心!安心してマタニティウエディングを挙げるための5つのポ…

    2019.09.09