ブライダルフェア参加前に知っておくべきこと|元ウエディングプランナーが伝授!

ブライダルフェア参加前に知っておくべきこと1

結婚式場を比較検討するなら、まずはブライダルフェアに参加するのがおすすめです。
ブライダルフェアは結婚式場の魅力を知るためのイベントで、結婚式のイメージが具体的になるうえにフェア特典がもらえるなど、参加するメリットがたくさんあります。せっかく参加するなら、チャンスを最大限に活用したいですよね。

今回は、10年以上ウエディングプランナーとして勤めたわたしから、ブライダルフェアに参加する前に知っておくべきことについてお話しします。初めてブライダルフェアに参加される方はもちろん、何度かフェアに参加した事がある人にもきっとお役に立つ情報です。

なぜブライダルフェアに参加するべき?


ブライダルフェアは、結婚式場が「結婚式をどこで挙げようか迷っているカップル向け」に開催するイベントです。式場の魅力をアピールし、より多くの契約を獲得するのが結婚式場側の目的。結婚式場はいつでも見学を受け付けていますが、ブライダルフェアは式場にとっても特別な日。フェアでは、結婚式場検討中のお客様に向けて式場を見せることが最優先となっているため、フェアの日は結婚式をしないというスタンスの式場もあるぐらいです。
ブライダルフェアは、毎週のように開催されるイベントではなく、隔週もしくは月に1度という頻度で開催されているのが一般的です。だからこそ、通常時の見学では得られないメリットや特典があります。
ブライダルフェアに参加するべき3つの大きな理由をお伝えします。


ブライダルフェアに参加すべき3つの理由


1.チャペルやパーティ会場をしっかり見学できる

結婚式場は毎週末、たくさんの結婚式を行います。その合間を縫って見学をする場合、どうしてもチャペルが見られないタイミングがあったり、いくつかのパーティー会場が見られなかったりするのが現実…。
ブライダルフェアでは、初めて見学にきた人向けに式場の施設をほぼ全て見られるように準備されています。そのため、「見学に行ったけれど式場全体をちゃんと見られなかった」なんてことは起こりません。もちろん時間的な制限はある程度ありますが、心ゆくまで式場をご覧いただけます。

2.試食や模擬挙式など特別なイベントがある

ブライダルフェアの内容は結婚式場によって様々です。結婚式当日に振る舞われる料理の無料試食ができるケースもあれば、モデルの新郎新婦による模擬挙式を実際に見られることもあります。このようなスペシャルイベントもまた、ブライダルフェアならではの魅力です。
まだ結婚式のイメージができていないカップルこそ参加するべき魅力的で楽しいイベントです。

3.ブライダルフェア限定の特典がある

ブライダルフェアに参加して、その場で契約をする場合、「ブライダルフェア限定特典」を受けられることが多くあります。通常では受けられないような大幅な値引きが多く、10万円単位の大きなディスカウントのケースも少なくありません。
通常見学時にはなかなか受けられないスペシャル特典があるのも、ブライダルフェアに参加するのメリットです。


これだけは必ずやっておこう!フェア参加前の下準備


はじめてのブライダルフェア参加では何を準備すれば良いかわからず、「とりあえず行ってみよう」と行きあたりばったりのかたも多いのではないでしょうか。
ブライダルフェアのメリットを最大限に活かし、早く結婚準備を次にすすめるなら事前準備が必要です。ここでは、参加前に準備するべきこととその理由についてお話ししましょう。

白いチャペル、バージンロード、パイプオルガン、花嫁の夢

結婚式の日程を大まかに決めておく

結婚式をいつ頃挙げるか、ある程度家族とも相談して絞り込んでおくのがおすすめです。ブライダルフェアに参加したものの「日取りは全く決めてないです」というカップルも時々います。こうなると、案内するプランナーも具体的な料金の話ができません。なぜなら時期やお日柄によって値引き額が変動することが多いからです。
結婚式が1年先なのか2年先なのかさえ分からないとなると、単純に結婚式場を見るだけでブライダルフェアは終わってしまいます。具体的に結婚式のイメージをかためていきたいなら、フェアで得るべき情報は「会場の雰囲気と料金」。料金をきちんと理解するためには、まずおふたりの結婚式の時期や候補日が、ある程度絞り込めている必要があります。

参列ゲストの人数を把握しておく

ゲストの人数が30名なのか60名なのか、人数によって結婚式は使用するパーティ会場も披露宴の雰囲気も大きく変わります。
ブライダルフェアでは、式場にあるパーティー会場(披露宴を行う場所)の見学ができますが、人数が定まってなければ、どのパーティー会場を見学するべきかもわかりません。人数がある程度決まってさえいれば、「披露宴をするとしたらこのパーティー会場だね」と具体的なイメージがわいてきます。
挙式は20分程度ですが、披露宴は2時間以上の時間をかけて行う大規模なパーティーです。その披露宴を行うパーティー会場がどのような雰囲気なのかというのは非常に重要なポイント。参列人数をある程度予測した上でブライダルフェアに参加するようにしましょう。
50人の場合の見積り、100人の場合の御見積など、予定人数に幅がある場合はいくつかのパータンで見積りを出してもらうのもGOOD。

両親に式場を見学することを伝えておく

ブライダルフェアに参加し「その場で契約したい」という気持ちになることも大いに考えられます。フェア当日申し込みする人だけに適用される特典もあるので、契約できるのであればそれに越したことはありません。その場で申し込むつもりがなくても、あらかじめご両親には結婚式場見学に行くことを伝えておいたほうがなにかとスムーズです。
もしかしたらブライダルフェアでそのまま契約してしまう可能性もある旨を伝えておけば、当日契約する段階で問題になることを未然に防げます。必ずしも即決する必要はありませんが、前もってご両親のOKがもらえていれば、安心してプランを検討できます。


ブライダルフェアのここが心配!元プランナーから3つのアドバイス


はじめてブライダルフェアに参加する場合は特に、不安に感じることたくさんあるのではないでしょうか。最後に、ブライダルフェアに関する「よくある不安や心配事」とそれぞれに対するアドバイスをご紹介します。

1、いま決めてもらえるなら値引きします!と強くセールスされそうで不安

「ブライダルフェアに行ったらやっぱり契約しなきゃいけない流れになるのかな」と不安に感じる方も多いはず。押しに弱いカップルからのご相談もたくさんいただいていますので、その想いは胸が痛くなるほどよくわかります。
でも、ご安心ください。そのようなことは基本的にありません。もちろん、結婚式場側も契約してもらいたいという強い気持ちがあるため、「今日決めてくれたら〇〇万円お値引きしますよ!」などのセールストークをしてくるでしょう。
ですが、おふたりがまだ決める段階でなければきっぱりと断ってしまって問題ありません。10年間プランナーとして勤めてきましたが、もちろん断られてきた回数のほうが多いです。
ただ、ひとつだけ覚えておいていただきたいのは、「ブライダルフェアの限定特典ほど大きな特典はなかなかもらえない」ということ。フェアで契約することのメリットは本当に大きいです。心から気に入った式場なのであれば、この機会に契約してしまうのが一番お得だということも頭に入れておきましょう。

2、同じ日にいくつもフェアをはしごするのはよくない?

結婚を前提にお付き合いされているカップルは大忙し!特に共働きが当たり前のご時世ですから、フェアや会場の見学にいつまでも時間を費やせないという人も多いはず。
いくつものブライダルフェアを同じ日に申し込み、一日で一気に回ってしまおう!なんて考えている人もいるかもしれませんが、あまりおすすめしません。というのもブライダルフェアは皆さんが考えているよりも時間と労力が必要だからです。1つのフェアにおよそ3時間程度かかりますが、話の内容によっては3時間を超えることもあります。濃い話をみっちり行うわけですから、それなりに体力も精神力も消耗します。
ブライダルフェアで見た内容や聞いた話を確実に理解するには、同じ日に複数の結婚式場のブライダルフェアを予定するのは少々無謀。新郎新婦がふたりでフェアに参加できる日が限られているというケースもあるでしょうし、状況によってはやむを得ません。ですが、そうでない場合はいくつか候補日をあげて日程調整することをおすすめします。
ざっくりと午前中と午後に1会場ずつ、一日2会場が限界と考えておくのがいいでしょう。

3、新郎新婦の休みがあわない!ひとりで参加しても大丈夫?

新郎新婦のどちらかが離れたところに住んでいるケースや、週末に休みが取れない場合には、ブライダルフェアにおふたり揃っての参加ができないこともあるでしょう。新婦が一人で参加したり、新郎一人での参加は大丈夫なものなのか少し戸惑いの声をよく聞きます。
ブライダルフェアは当然おふたり揃ってカップルでの参加が望ましいです。ですが、難しい場合は一人で参加しても問題ありません。事前におふたりで話をして、実際にフェアに参加する人にある程度決定権を与えておくのがベスト。
フェア当日に「ここ以外考えられない!」というレベルで式場を気に入った場合、ブライダルフェアの特典を利用してお得に申し込むのがベストだからです。「ふたりで相談して出直してきます」となると、好条件を逃してしまうこともあります。フェアに参加するときは、条件が良ければ決められるように環境を整えておきましょう。


まとめ


ブライダルフェアは、気になる結婚式場の結婚式を具体的にイメージできる素晴らしいイベントです。また、ブライダルフェアならではの特別な特典がゲットできる貴重な機会でもあります。このチャンスを最大限に活かしましょう。今回紹介した下準備を忘れないでくださいね。
おふたりが夢に描いた通りの結婚式場と巡り合うためには、ブライダルフェアに参加するのが一番!今すぐに気になる結婚式場のブライダルフェアの日程を問合せてみましょう!

(ライター: 元ウエディングプランナー 西野 )

Weddingnista
オンライン相談デスク

ふたりの希望を叶える相談から会場探しまで
ウエディングニスタのオペレーターがお受けしております

  • メールや電話などオンラインで解決
  • 忙しい方、今すぐ相談したい方
オンライン相談デスク
電話
0120-349-773
お問合せ
https://www.weddingnista.net/contact/
会場探し
https://www.weddingnista.net/search-request/
  1. engagement-ring1

    最高にロマンティックな婚約指輪の本来の意味と贈りかた

    2019.10.25

  2. japanese-style2-1

    仏前式ってなに?神前式と仏前式の違いとその魅力

    2019.10.18

  3. japanese-style-1

    日本の伝統的な神前式の魅力

    2019.10.17

  4. hawaii-wedding-honeymoon3

    結婚式なしならフォトウエディング!予算・準備・おすすめ撮影地

    2019.10.11

  5. maternity-wedding1

    これで安心!安心してマタニティウエディングを挙げるための5つのポ…

    2019.09.09